今日は、ブリタニカ国際大百科事典の買い取り価格を調べて見ました。

先に結論から申し上げますと、あまり買い取り価格は高くないみたいです。
これには原因があって、ブリタニカ国際大百科事典のような非常に数が多く出回っている百貨辞典は当然ですが、買い取り価格が安くなってしまうんです。

それに、百科事典というのは今はあまり需要が高くありません。
その原因としては、多くの人は調べ物をするときに百科事典を使わなくなってしまったからです。

今の時代多くの人はわからないことを調べるのに
ブリタニカ国際大百科事典のような百科事典ではなく、
インターネットを使うようになってきています。

ですので、百科事典は価値があまりなくなってきてしまいました。

もちろん、古本屋さんによっては高く買い取ってくれるところも多くあります。
例えば、最近はネットでも古本を買い取ってくれるところがあります。

このようなネットで買い取ってくれる本屋さんは店舗がある本屋さんよりも比較的高値で買い取ってくれる傾向にあるようです。

ただ。注意したいことに、送料の問題があります。
ですから、ネットで買い取ってくれるタイプの本屋さんで買取してもらうときには一度にたくさん買い取ってもらうとよいでしょう。